仮想通貨ビットコインの投資信託の可能性

ビットコインの投資信託の可能性は非常に未知数な部分が有ります。その要因はいろいろありますが、最も大きな点は仮想通貨であり実態がないという点です。現状の通貨の場合にはそれぞれの国で実際に経済活動に広く利用されており、その国々のなかで価値が安定している面が有ります。又国際的な取引におけるレートについてもそれぞれの国での価値の変動が安定しているため、極端な値動きが少なく安定しているという点も安心感が有ります。
但し、ビットコインの場合にはあくまでもインターネット上の仮想通貨であることから、その価値や実際の通貨との交換レートに対する基準が明確でないため、投資信託としてETFが上場する際に必要な通貨としての安定性が乏しいのが実態です。又、取引所に於ける取り引きの方法も確立されていません。
しかし、近年ではビットコインが国際間取引で頻繁に使用され始めていることや、複数の銘柄が登場し通貨としての競争性なども生まれ始めていることから、近い将来には現在の現実の通貨と同じような取引の方法が確立されることになる方向性が高まっていることからそのETFも非常に現実的なものになっています。その為、今後は投資信託の対象として現代の通貨と同じように取り扱われることになる可能性が高いと考えられています。

仮想通貨ビットコインの投資信託が取引所で売買された場合のメリット

ビットコインの投資信託が取引所で売買された場合には、大きなメリットが生まれると考えられます。その一つが、ビットコインの認知度が高まり利用者が増えることによるインターネットでの商取引の活発化です。
現状インターネットでの商取引は実際の通貨で取引されることが多いため取引自身とお金の流れに関し全く異なる手続きを行う必要があり、またその取引の関連性を証明することも非常に面倒になっています。しかし、ビットコインが普及することでインターネット上の取引がスムーズに行われるようになる事が期待できます。
また、ビットコインETFが広く認知されることで投資を行う人が増え、資産運用の方法が広く拡大されることになります。ビットコインを口座に預金する事が出来るようになり、毎月の配当や満期時の配当などを口座で受け取ることが出来るようになる事で、インターネット上でこのビットコインを利用したさまざまな経済活動が出来るようになります。さらに、保険などの商品についてもインターネットでスムーズに手続きが可能となる上、万が一の際の保険金がインターネットで受け取ることが出来るというメリットも生まれます。
そのため、ビットコインETFが取引所で売買された場合にはその資産価値が安定し、現代の通貨と同じような利用法が可能となるメリットがあるのです。