コンビニでもビットコイン取引ができる!買い方をレクチャー

ビットコインを購入するには、以前は専門の取引所に口座を開設してそこに入金を行い取引によって手に入れる必要がありましたが、現在ではその普及とともにコンビニでもビットコインの購入が可能になっており、一般的な電子マネーと同様にビットコインを手に入れることが可能になっています。
もともとはビットコインは決済ツールとして登場したもので、その仕組みも簡単で口座がなくてもウォレットと呼ばれるアプリをインストールした端末を利用して電子マネーのように使うことが可能です。特にビットコインは小さい金額からの決済に有利で、手数料も少ないのが大きな魅力ですし、またP2P技術によって決済が行われるので、クレジットカードや電子マネーなどと比べてもシステムへの投資費用が安いメリットがあります。このため本場のアメリカではキャッシュやクレジットカードの代わりとしても使われています。

コンビニでもビットコインの購入をする場合には専門の端末機がある場所が必要です。端末は取引所が運営しており、スマートフォンなどの携帯端末に事前にアプリをインストールし利用開始手続きをしておけばいつでも取引が可能です。

ビットコインの入金取引の流れ

ビットコインを取引しようと思った場合には、取引所を通じて行う必要があります。またビットコインは日本円だけでなくさまざまな国の通貨と交換されているため相場は変動しており、1日でも大きく変化することに注意が必要です。
ビットコインを扱っている取引業者としては日本ではcoincheckがあり、日本国内におけるビットコイン決済の窓口になっています。一方で台湾のコンビニではビットコインによる決済が普及しています。
日本ではビットコインといえば投資目的のものが中心ですが、海外を見ればクレジットカード、キャッシュに代わる新しい決済方法として着実に成長しています。

基本的な入金取引の流れとしては、取引所が提供するサービスを通じてビットコインを売りたい人からビットコインを購入するというものです。パソコンやスマートフォンなどから簡単に行うことができますが、インターネットに接続しているのが前提です。また専用の端末から取引をすることが可能で、自宅にインターネット環境がなくてもビットコイン取引を行うことが可能になっています。また携帯用の専用端末もあり、それらを使えばスマートフォンなどがなくても取引ができます。