日本でもコンビニ払いで簡単に

ビットコインを入手する方法として、仮想通貨取引所で購入することができます。ビットコインを入手する方法ですが、最初に取引所に口座を開設します。開設した自分の口座に日本円を入金してから、ビットコインの買い注文を出します。取引が成立すると、入金した現金で決済手続きが行われます。少額のビットコインを購入したい場合には、売買取引ではなくて取引所(交換所)が販売するコインを購入することもできます。
従来は、仮想通貨取引所に開設した口座に日本円を入金する方法は、クレジットカードか銀行振込に限られていました。ところが最近、一部の仮想通貨取引所では従来の銀行振込に加えて、コンビニで簡単に入金することができるようになりました。コンビニ入金に対応している取引所はcoincheckです。coincheckを利用すればネット通販でコンビニで代金を支払うのと同じ方法で、自分の口座に手軽に入金してビットコインが購入できます。
海外では数年前からコンビニやビットコインATMで手軽にコインを入手することができましたが、日本でもコンビニ払いで簡単にビットコインが購入できるようになりました。coincheckで1回に入金ができる金額は最低3000円で、上限は299,500円です。1日あたりに入金できる金額は制限されていないので、入金操作を繰り返せば多額の資金を入金することも可能です。

コンビニやビットコインATMで入手

購入の際の入金方法

コンビニ決済を利用してcoincheckに開設した口座に日本円を入金する方法ですが、最初にログインして携帯電話でSMS認証を済ませておきます。ログイン後、「日本円を入金する」をクリックして「コンビニ入金」を選択します。名前や電話番号、入金額や通貨(日本円)などの必要な情報を入力して「決済申請」をクリックして、入金する予定のコンビニを選択してからオレンジ色の「次へ」をクリックします。すると、コード番号が表示されるので、番号をメモするかプリントアウトしておきます。インターネット上で行う手続きはこれで完了です。次はコード番号を書いた紙を持って、コンビニで支払い手続きをします。
コンビニ内のATMやコピー機の隣にある端末に、メモしたコード番号を入力します。入力が終わるとレシートが出てくるので、レジに持って行きます。レジで入金金額と手数料の合計金額を支払えば、入金が完了です。口座に入金した日本円が反映されているので、インターネットで自分の口座にログインしてビットコインを購入することができます。
coincheckでは最低10mBTCから購入ができるので、コンビニ入金は少額のコインを購入する際に便利です。
スマートフォンで口座にログインすれば、入金した直後にすぐにビットコインを購入することができます。

コンビニ決済を利用して入金する方法