ビットコインはコンビニで購入できる!その魅力とは

仮想通貨・ビットコインを購入する際には、まずは取引所に自分の口座をつくる必要があります。自分にあった取引所を選び、ネット環境とメールアドレス、Facebookアカウント、Yahoo!JapanID、GoogleIDなどがあれば簡単に口座を作る事が出来ます。
ビットコインのアカウントにはグレードがあって、生年月日や写真などの本人情報を登録していくことでアップグレードすることが出来ます。コインを購入できるようにするためには銀行口座を登録・入金してビジネスクラスにしておくとよいでしょう。
日本ではこれまで取引所に入金してからビットコインに換金する方法が一般的でした。友人が持っていれば振り込んでもらう事もできますが、そうでない場合の入金方法は3種類あって取引所や販売所で買うか、クレジットカードなどを使って購入します。
海外ではもっと手軽に購入する方法が普及しており、やっと日本でもコンビニで日本円で決済して仮想通貨・ビットコインを購入できるようになりました。
コンビニで購入決済できるメリットは銀行口座を持っていない場合でも現金で入金可能なことです。またクイック入金扱いになるので口座への反映が早いのも魅力です。デメリットとしては、手数料が必ずかかる事が挙げられます。またコンビニに足を運ぶ必要があります。

日本円通貨でコンビニ入金する方法

ビットコインを日本円で決済しコンビニから入金するには、まず取引所に自分のアカウントを作り口座を持つことが大前提です。
ビットコインを買うためには、まずは取引所の画面にアクセスし、「クイック入金」を選びます。さらに「コンビニから入金」を選び、お近くのコンビニの店舗を選びます。すると、「オンライン決済番号」と「確認番号」が表示されますので、メモを取るか、写真を撮っておきましょう。
メモなどを持ってコンビニに出向き、店舗専用端末か店頭で支払いを行います。店舗専用端末は指示されたとおりに手続するだけなので非常に簡単で、誰でも出来ます。後は、自分の取引所の口座をチェックし、反映されるのを待つだけです。
世界的に仮想通貨・ビットコインは普及が広まってきています。商品をビットコインで購入したり、利用できるサービスも増えてきています。また投資目的で購入している人も増えてきており、日本での価値も定着しつつあります。
ビットコインは一部の取引所ではレバレッジ取引も可能になっています。保証金を取引所に預けることで、お金を借りて保証金よりも多額のお金を動かして取引をすることが出来るのです。ただしレバレッジ取引はうまく行けば儲けも大きくなりますが、リスクも高いため慎重に行う必要があります。