ビットコインの現物取引とは情報のこと

ビットコインの現物取引とは、情報のことを指します。

実際にビットコインという名前がついたコインが存在しているわけではありません。
あくまでインターネット上にのみ存在している情報です。インターネット上のお金というと電子マネーをイメージするかもしれません。

しかし、電子マネーは発行元の会社が存在しているのに対して、仮想通貨には発行元が存在していないという特徴があります。
電子マネーは発行元の会社が倒産でもしない限りは価値が保障されますが、仮想通貨にはそういった保障がありません。

例えば、国が法律によってビットコインを禁止したら、その国では全く使いみちのないものとなってしまう可能性もあるということです。

日本では2017年4月に仮想通貨に関連する法律ができましたが、これが日本人の投資家が仮想通貨に参入するきっかけとなったようでした。ビットコインの取引量は、日本が1位、アメリカが2位となっており、取引量の8割を日本とアメリカが占めているようです。

金やプラチナのように現実に存在しているものではありませんので、どれだけの人がそれを信用するのかが鍵を握っています。

仮想通貨入金の先物取引とは?

仮想通貨の現物取引ができる取引所は日本にたくさんありますが、先物取引ができる取引所となると数が限られてきます。

代表的な取引所としてはZaifがあげられるでしょう。他には、ビットバンクでもビットコインの先物取引が行えます。
先物取引ではレバレッジをかけてビットコインの取引をすることが可能です。

例えば、レバレッジを10倍にしたら、証拠金の10倍のビットコインを購入もしくは売却をする予約ができるということです。

10万円の証拠金で100万円分のビットコインの売買予約をするといったことが可能になります。
先物取引はFXとよく似ていますが、最大の違いは期間・時間の定めがあることでしょう。Zaifでは取引の開始から終了までの期間が6ヶ月に設定されています。

6ヶ月が経過したら自動的に決済がされてしまうという点で、FXとは異なります。取引手数料は無料となっていますが、日次手数料がかかるという点には注意が必要です。

日次手数料はFXにおけるスワップポイントのようなものと考えておけばよいでしょう。

Zaifの先物取引の日次手数料は0.039%となっており、比較的良心的です。

ビットコインなどの仮想通貨はコンビニの支払いには使える?

海外では、仮想通貨による実店舗での決済が日本よりも普及している国があります。

例えば台湾では、一部のコンビニ店舗で買い物をする時にビットコインでも支払いができます。残念ながら2017年10月時点で、日本国内のコンビニ店でビットコイン決済に対応しているお店はありません。
それでもビットコインでチャージした金額分を上限にカード決済(VISAまたはMastercard)ができるデビットカード(プリペイドカード)を活用することで、間接的にビットコインを購入代金の支払いに利用することが可能です。

2017年5月には、仮想通貨取引所であるビットポイントがビットコイン決済の導入に向けて日本の大手コンビニチェーンと協議中であることが報じられました。
このため近い将来に日本国内にあるコンビニ店舗でも、ビットコイン決済が導入される可能性があります。

コンビニ店でビットコインを利用して商品を購入することができるようなれば、仮想通貨取引で得られたビットコインを日本円に換金しなくても使用することができます。
ビットコイン決済でお店が支払う決済手数料は1%程度で、クレジット決済時の手数料(4%~7%)よりも大幅に低くなる見込みです。

このため仮想通貨決済を導入することは、店舗側にとっても大きなメリットになります。

ビットコインは購入・入金のみ

日本国内のコンビニ店ではビットコインでの支払いができませんが、一部の取引所ではビットコイン取引をする際に、近所のコンビニ店を活用することができます。

日本の大手仮想通貨取引所であるcoincheck(コインチェック)では、アカウントに入金する方法として銀行振込の他にコンビニ入金を選択することができます。
コンビニ入金を選択すれば、数百円程度の手数料で日本円を取引所のアカウントに即時入金をすることができます。

ちなみに仮想通貨取引でコンビニが利用できるのは入金時のみです。

仮想通貨を換金して日本円に両替した場合、コンビニを利用して出金することができません。
日本円を受け取る際は、取引所のアカウントから自分名義の銀行口座宛に振込をする必要があります。

コンビニ店を利用して入金をすると、レジで支払いを済ませてからすぐに(数秒程度)アカウントに入金が反映されます。
コンビニ入金を利用すれば銀行振込が利用できない夜間や休日でも即時入金が可能なので、すぐに取引をしたい場合に便利です。

レバレッジ取引などの際に急いで証拠金を入金する必要がある場合に、近所にあるコンビニ店を活用することができます。

クレジットカードでもビットコインを購入することが可能ですが、カード決済を利用して購入した仮想通貨は一定期間にわたり取引所から出金することができなくなってしまいます。

ビットコインが上昇する要因は?

仮想通貨も他の金融商品と同じように、需要と供給のバランスによって価格が決まります。

ビットコインが他の金融商品と異なる点は、需要とは関係なく新規発行枚数(供給量)のペースと発行総量が決められていることです。
多くの人が発行枚数が限られている仮想通貨を利用する場合、供給量が増えない代わりに細分化することで、その通貨を必要としている人に分配される仕組みになっています。

このような場合、同じ価値の交換を行う場合でも取引される仮想通貨の数量が小さくなるため、その仮想通貨が値上がりすることになります。
このような理由があるため、多くの人がビットコインを入手して取引を始めるようになることで、急激に値上がりが起こるという性質があります
一般の人々の間でビットコインの普及が進むと、価格が急激に上昇します。

ビットコインの普及が進む要因として考えられるのは、ある特定の国で規制が緩和されて仮想通貨取引所が開設されて、誰でも簡単に取引ができるようになることです。

2014年4月以降にビットコイン価格が上昇した要因として、日本国内で相次いで仮想通貨取引所が開設されたことが考えられます。

2013年のビットコイン取引で最高値を記録した背景は?

過去のビットコイン価格のチャートを見ると、2013年の7月から年末にかけての時期に、10倍以上に値上がりしています。

それまで1BTCあたり1万円前後で推移していましたが、短期間で12万円の最高値を記録しています。
その後2014年に入ると大暴落を起こし、3月には半値以下になりました。ブロックチェーンの取引数を閲覧すると、2013年後半に活発に取引が行われていたことが分かります。

2013年後半に発生したビットコイン価格が高騰した要因として考えられるのは、中国で爆発的に普及が進んだことです。
中国では共産党政権や人民元に対する不信感が非常に強く、資産を安全に保管するために外貨や金が人気を集めています。
どこの国からも支配を受けない“無国籍通貨”である仮想通貨も中国人の間で人気を集め、多くの人が自分の財産をビットコインに替えて貯蓄するようになり、短期間に10倍以上も急騰しました。

その後、資金が国外に流出すること恐れた中国政府によって仮想通貨取引が規制されるようになり、中国の取引所が閉鎖されてしまいました。
その影響でビットコイン価格は大暴落し、2014年4月頃には半値まで下落しました。

その後も中国政府による規制強化と緩和が行われるたびに、ビットコイン価格が激しく変動しています。

コンビニでもビットコイン取引ができる!買い方をレクチャー

ビットコインを購入するには、以前は専門の取引所に口座を開設してそこに入金を行い取引によって手に入れる必要がありましたが、現在ではその普及とともにコンビニでもビットコインの購入が可能になっており、一般的な電子マネーと同様にビットコインを手に入れることが可能になっています。

もともとはビットコインは決済ツールとして登場したもので、その仕組みも簡単で口座がなくてもウォレットと呼ばれるアプリをインストールした端末を利用して電子マネーのように使うことが可能です。

特にビットコインは小さい金額からの決済に有利で、手数料も少ないのが大きな魅力ですし、またP2P技術によって決済が行われるので、クレジットカードや電子マネーなどと比べてもシステムへの投資費用が安いメリットがあります。
このため本場のアメリカではキャッシュやクレジットカードの代わりとしても使われています。

コンビニでもビットコインの購入をする場合には専門の端末機がある場所が必要です。端末は取引所が運営しており、スマートフォンなどの携帯端末に事前にアプリをインストールし利用開始手続きをしておけばいつでも取引が可能です。

ビットコインの入金取引の流れ

ビットコインを取引しようと思った場合には、取引所を通じて行う必要があります。またビットコインは日本円だけでなくさまざまな国の通貨と交換されているため相場は変動しており、1日でも大きく変化することに注意が必要です。
ビットコインを扱っている取引業者としては日本ではcoincheckがあり、日本国内におけるビットコイン決済の窓口になっています。

一方で台湾のコンビニではビットコインによる決済が普及しています。
日本ではビットコインといえば投資目的のものが中心ですが、海外を見ればクレジットカード、キャッシュに代わる新しい決済方法として着実に成長しています。

基本的な入金取引の流れとしては、取引所が提供するサービスを通じてビットコインを売りたい人からビットコインを購入するというものです。
パソコンやスマートフォンなどから簡単に行うことができますが、インターネットに接続しているのが前提です。また専用の端末から取引をすることが可能で、自宅にインターネット環境がなくてもビットコイン取引を行うことが可能になっています。

また携帯用の専用端末もあり、それらを使えばスマートフォンなどがなくても取引ができます。

海外取引所でビットコインのアービトラージはお勧めできない理由

アービトラージとは元々債券の取引で生まれた取引手法で、額面は同じでも償還日が近い債券と償還日が遠い債券が同じ市場に出ている場合、償還日が遠い債券は価格が安くなる傾向があったことを利用したものです。

価格が安い債券を買い、価格が高い債券を売るという価格差を利用した取引を行うことで、いずれ価格差が収斂したときに利益を得られるという手法です。

ビットコイン取引でもアービトラージに取り組むことは可能ですが、現実的にはお勧めできません。
なぜなら、現在のビットコイン取引はそれぞれの取引所で独自の市場が形成されていて、価格の変動推移に差があるからです。それでも同じビットコインという仮想通貨を扱っているため価格差は大きくありませんが、値動きが急激なため収斂を待っているうちに値が飛ぶほどの価格変動が起き、アービトラージが失敗に終わる可能性が非常に高いからです。

また、海外のBTC取引所はまだシステムが安定していない場合があり、過去にはシステムに不具合が発見されたときその間の取引をなかったことにして不具合が起きる前の状態に戻すロールバックが行われたことがありました。

こういったことがあると、わずかな価格差から利益を得るアービトラージは失敗しやすいのです。

ビットコインは取引所を介さないと取引出来ない?

本来、ビットコインを入手するためには取引の認証作業であるマイニングを行う必要がありました。
しかし、現在はマイニングの難易度が非常に高まっていることから取引所による売買取引で入手することが一般的になっています。

そのためビットコインを得るためには取引所に口座を作り、現金を入金してビットコインを購入する必要があるのです。
しかし、取引所を介さずに取引を行う方法があります。

その方法がビットコインの機能を利用した送金です。ビットコインには固有のアドレスがあり、そのアドレスを送信することで任意の相手にビットコインを送金をすることができるのです。
具体的な方法は、所有しているビットコインのアドレスをコピーして、送金したい相手のビットコインウォレットを指定して送るだけです。
簡単な手順であることに加えて、取引所を介さないので手数料が掛かることもありません。

しかし、この方法は相手のビットコインウォレットを知っていることが前提になるので、不特定多数の相手に対して送金することは現実的ではありません。

友人など特定の個人にビットコインを送りたい場合に有効な手段なのです。

ビットコインのおすすめウォレットアプリ

自分用のビットコインを保管するためには、インターネットに接続されたPCまたは携帯端末に専用のウォレットアプリをインストールする必要があります。

パソコン用のウォレットであれば数GBにも及ぶブロックチェーンに含まれる全てのトランザクション(tx)を読み込んでハードディスクに保存するものがありますが、ストレージが限られているモバイル端末版は自分のアカウントのtxだけを保存します。
自分のコインの残高を確認したり取引時のhashを参照する際は、PCよりもすぐに起動できるモバイル版のウォレットアプリの方がおすすめです。

モバイル版のウォレットアプリを選ぶ際は、復元フレーズ機能に対応しているタイプを選ぶようにしましょう。
iOS版で一番おすすめのウォレットアプリは「Bread Wallet」です。

シンプルで初心者にも使いやすく、セキュリティがしっかりしています。Bread Walletはビットコインネットワークと直接接続するので、ウォレット運営者のサーバーがダウンしても問題なく使えます。

アンドロイド版であれば「Mycelium」がおすすめです。Myceliumも復元フレーズに対応していて、シンプルで使いやすいアプリです。Myceliumはマイナーへの手数料を3段階で指定することができますし、異なる受取アドレスを利用できます。

仮想通貨のビットコインを無料で入手するには

ビットコインを簡単に入手する方法は、仮想通貨取引所にアカウントを作成してコインを購入するか、採掘作業を行うことです。
採掘に参加すれば購入代金を支払わずにコインが入手できますが、電気代が必要です。これらに対して、少額のコインを無料で入手する方法があります。

ポイントサイトなどに登録して広告をクリックして少額のポイントがもらえますが、これと同じように広告を閲覧することで少額のビットコインがもらえるサイトがあります。

無料でビットコインがもらえるサイトは「Faucet」(蛇口)と呼ばれ、ビットコインの受取用アドレスを送信すれば誰でも登録することができます。
広告サイトを閲覧したり、一定時間ごとにクリックすることで少額のコインを貯めることができます。

最低出金額はサイトによって異なりますが、5500~25000satoshi以上のコインが貯まると自動的に自分用のアカウントに送金してもらえます。

無料でビットコインがもらえるサイトの探し方ですが、“Bitcoin Free Faucet”などのフレーズで検索すると海外のサイトを見つけることができます。

広告の閲覧でもらえるビットコインは少額ですが、実際にウォレットを使ってコインを保管することができます。
仮想通貨の保管や送金方法を練習する目的で、「Faucet」を利用してみることができます。

デビットカードでの支払いにはビットコインの税金はかからない?

最近はビットコインで入金ができる国際ブランド(VISAまたはMastercard)のデビットカードがあります。

カードごとに設定されているビットコインアドレス宛てにビットコインを送金すれば手軽にチャージすることができます。
チャージしたコインはドルまたはユーロに両替するか、仮想通貨のまま保管しておくことができます。チャージした分は、クレジットカードが使えるお店で支払いに充てることができます。

仮想通貨法が施行されていない間はビットコインなどの仮想通貨はお金ではなくて単なる「モノ」扱いなので、日本円に換金しなければ譲渡所得が発生しません
このため仮想通貨でチャージしたカードを利用する場合、現金を受け取る訳ではないので所得税がかからないことになります。但し、ATMなどで日本円を引き出すと譲渡所得とみなされて税金がかかります。

ちなみにビットコインが使えるお店で自分のウォレットから支払いをした場合も、物物交換なので消費税がかかりませんが、カード決済を利用すると消費税が一緒に徴収されます。

仮想通貨専用のデビットカードは海外の複数の会社が発行しており、日本人でも「Vandle Card」や「Wirex」を利用している人がいて、個人のブログや匿名掲示板などで手続き方法などが載せられています。

取引所は関与せずにデビットカードに直接チャージ

インターネット上のブログや掲示板を見ると、実際にビットコイン用のデビットカードを利用して投資で得た利益を支払いに充てる方法が載せられています。

巨大掲示板上でID欄が「承認済み名無しさん@転載は禁止」の書き込みですが、海外の業者が発行するビットコイン用のデビットカード決済を利用して譲渡所得を発生させずに、得られたコインを使用する方法が詳しく書かれています。

ネット上の情報ですが、仮想通貨投資で得た利益を取引所で換金して自分の銀行口座に振込を行うと譲渡所得が発生します。
銀行振込を利用すると日銀ネットを介するので、もしも多額の資金を銀行振込で移動させると、税務署から「問い合わせ」が来る可能性があります

海外の業者が発行するデビットカードは、申込手続きの際に個人IDを登録しなくてもカードを発行してもらえます。
デビットカード決済を利用すれば日本の取引所で換金しなくても、取引で得られたビットコインを使って支払いまたは外貨に両替することができます。

日本の取引所を一切関与させずに海外の業者が発行したデビットカードにビットコインをチャージすれば、多額の決済をしても日本の金融当局には情報が行かないため、税務署から「問い合わせ」が来ることはありません。

仮想通貨をチャージしたデビットカードで日本国内のATMから日本円を引き出しても、外国人観光客が自分のお金を引き出したようにしか見えません。

仮想通貨ビットコインの投資信託の可能性

ビットコインの投資信託の可能性は非常に未知数な部分が有ります。
その要因はいろいろありますが、最も大きな点は仮想通貨であり実態がないという点です。現状の通貨の場合にはそれぞれの国で実際に経済活動に広く利用されており、その国々のなかで価値が安定している面が有ります。

また国際的な取引におけるレートについてもそれぞれの国での価値の変動が安定しているため、極端な値動きが少なく安定しているという点も安心感が有ります。

但し、ビットコインの場合にはあくまでもインターネット上の仮想通貨であることから、その価値や実際の通貨との交換レートに対する基準が明確でないため、投資信託としてETFが上場する際に必要な通貨としての安定性が乏しいのが実態です。又、取引所に於ける取り引きの方法も確立されていません。

しかし、近年ではビットコインが国際間取引で頻繁に使用され始めていることや、複数の銘柄が登場し通貨としての競争性なども生まれ始めていることから、近い将来には現在の現実の通貨と同じような取引の方法が確立されることになる方向性が高まっていることからそのETFも非常に現実的なものになっています。

その為、今後は投資信託の対象として現代の通貨と同じように取り扱われることになる可能性が高いと考えられています。

仮想通貨ビットコインの投資信託が取引所で売買された場合のメリット

ビットコインの投資信託が取引所で売買された場合には、大きなメリットが生まれると考えられます。

その一つが、ビットコインの認知度が高まり利用者が増えることによるインターネットでの商取引の活発化です。

現状インターネットでの商取引は実際の通貨で取引されることが多いため取引自身とお金の流れに関し全く異なる手続きを行う必要があり、またその取引の関連性を証明することも非常に面倒になっています。
しかし、ビットコインが普及することでインターネット上の取引がスムーズに行われるようになる事が期待できます。

また、ビットコインETFが広く認知されることで投資を行う人が増え、資産運用の方法が広く拡大されることになります。

ビットコインを口座に預金する事が出来るようになり、毎月の配当や満期時の配当などを口座で受け取ることが出来るようになる事で、インターネット上でこのビットコインを利用したさまざまな経済活動が出来るようになります。
さらに、保険などの商品についてもインターネットでスムーズに手続きが可能となる上、万が一の際の保険金がインターネットで受け取ることが出来るというメリットも生まれます。

そのため、ビットコインETFが取引所で売買された場合にはその資産価値が安定し、現代の通貨と同じような利用法が可能となるメリットがあるのです。

ビットコインはコンビニで購入できる!その魅力とは

仮想通貨・ビットコインを購入する際には、まずは取引所に自分の口座をつくる必要があります。

自分にあった取引所を選び、ネット環境とメールアドレス、Facebookアカウント、Yahoo!JapanID、GoogleIDなどがあれば簡単に口座を作る事が出来ます。

ビットコインのアカウントにはグレードがあって、生年月日や写真などの本人情報を登録していくことでアップグレードすることが出来ます。
コインを購入できるようにするためには銀行口座を登録・入金してビジネスクラスにしておくとよいでしょう。

日本ではこれまで取引所に入金してからビットコインに換金する方法が一般的でした。
友人が持っていれば振り込んでもらう事もできますが、そうでない場合の入金方法は3種類あって取引所や販売所で買うか、クレジットカードなどを使って購入します。

海外ではもっと手軽に購入する方法が普及しており、やっと日本でもコンビニで日本円で決済して仮想通貨・ビットコインを購入できるようになりました。

コンビニで購入決済できるメリットは銀行口座を持っていない場合でも現金で入金可能なことです。
またクイック入金扱いになるので口座への反映が早いのも魅力です。

デメリットとしては、手数料が必ずかかる事が挙げられます。またコンビニに足を運ぶ必要があります

日本円通貨でコンビニ入金する方法

ビットコインを日本円で決済しコンビニから入金するには、まず取引所に自分のアカウントを作り口座を持つことが大前提です。

ビットコインを買うためには、まずは取引所の画面にアクセスし、「クイック入金」を選びます。
さらに「コンビニから入金」を選び、お近くのコンビニの店舗を選びます。すると、「オンライン決済番号」と「確認番号」が表示されますので、メモを取るか、写真を撮っておきましょう。

メモなどを持ってコンビニに出向き、店舗専用端末か店頭で支払いを行います。店舗専用端末は指示されたとおりに手続するだけなので非常に簡単で、誰でも出来ます。
後は、自分の取引所の口座をチェックし、反映されるのを待つだけです。

世界的に仮想通貨・ビットコインは普及が広まってきています。商品をビットコインで購入したり、利用できるサービスも増えてきています。
また投資目的で購入している人も増えてきており、日本での価値も定着しつつあります。

ビットコインは一部の取引所ではレバレッジ取引も可能になっています。保証金を取引所に預けることで、お金を借りて保証金よりも多額のお金を動かして取引をすることが出来るのです。

ただしレバレッジ取引はうまく行けば儲けも大きくなりますが、リスクも高いため慎重に行う必要があります

ビットコインの報酬はマイナーにどう還元される?

ビットコインなどの仮想通貨が一般的な電子マネーや法定通貨と大きく異なる点は、送金や口座の記録を作成・管理する際に特定の管理者を必要としないことです。

仮想通貨は、どのアドレスにどれだけの金額のコインが送金・保管されているか、という記録(データ)によって自分のコインを“所有”することができます。

ビットコインの送金手続きや口座内に保管されているデータの記帳・メンテナンスを行う作業はマイニング(採掘)と呼ばれ、インターネットに接続された計算機があれば誰でも自由に参加することができます。
採掘方法は計算機が10分毎に与えられた課題を解くというもので、最初に答えを見つけることができた人が“出納帳”(ブロックチェーン)に新たに1ページを加えることができます。

ブロックチェーン(出納帳)に新たな送金記録のページ(ブロック)を書き込むためには難易度の高い問題の答えを算出しなければならず、誰かが勝手に送金記録を偽造することができないような仕組みになっています。

難問の答えが得られて新たなブロックを生成することができたマイナーには、報酬として新たに生成されるコイン(2017年5月現在であれば12.5BTC)と、生成されたブロックに書き込まれる送金の際の手数料が与えられる仕組みになっています。

ブロックチェーンとは?マイニングや取引はどう関わっている?

ビットコインでは各口座(アカウント)にどれだけのコインが保管されていて、特定のアドレスから別のアドレスにどれだけの金額がいつ送金されたのか、という情報がブロックチェーン(出納帳)に格納され、全世界のマイナーにより共有されています。

ビットコインを取引する場合には、“ある口座(A)から別の口座(B)にコインが移動した”というデータをブロックチェーンに追加すれば済みます。ブロックチェーンに送金記録を書き込む作業がマイニングです。

送金する人は一定の送金手数料を指定することができ、課題の答えが得られたマイナー(勝者)は、送金手数料が多い案件を優先的にブロックに記録することができます。

このマイナーには、新たに生成されるコインと、自分が生成したブロックに記帳した送金記録に含まれる送金手数料の両方が報酬として与えられます。
新たにブロックが生成された後は時間内に答えを見つけることができなかった“敗者”が、新たに生成されたブロックの正当性チェックします。

ビットコインでは約10分毎に新たなブロックが作成され、この間にマイナー(勝者)により送金された記録が加えられます。ブロックに書き込まれなかった送金依頼は、次回に後回しにされます。

送金手数料は、そのコインが生成されてから現在に至るまでの送金記録(データ量)によって決まります。

データ量に対して多めの手数料を指定すれば優先的にブロックに記帳され、短時間で送金をすることができます。